rumi

記事一覧(78)

ズボラ天然生活★メール講座OPEN

市販の塩麴と手作り塩麴の違いは?

フードライフクリエーター、ズボラ天然生活をお手伝いします唐木るみこです。4月から生活が激変しました。もう、最近はミスばっかり💦スケジュール帳に書いてあるのに忘れてしまったり電車の乗り越し、間違え、時間の勘違い・・締め切り日を一日間違えてあせって提出したら…次の日だった💦なんてことばかり。。春だからか・・そういう巡りなのか…今月から次男が幼稚園に入園したためワークショップの開始時刻を30分早くしました。午前中は10時半からです。準備の時間が短くなりちょっと忙しい😊さて今日は、塩麴を作りました💛いっときブームとなった塩麴。発酵食品が注目を浴びるきっかけにもなったのではないでしょうか。個人的には3.11の影響も大きかったです。塩麴、買って使ったことありますか?それとも自家製でしょうか?手作りの場合、塩(天然塩)と米麹と水で発酵させて作ります。市販品の場合、米、塩、麹菌それに酒精が加えられているものが多いです。中にはさらにアミノ酸等が添加されていることも…。材料だけ見ると似ていますが、発酵の過程も違いますし「酒精」という発酵を止めるためのアルコールが添加されています。さらに「火入れ」されているので酵素も壊れてしまっているかと思います。そしてそして、まず味が全然違います!手作りの塩麴は、うまみも甘みも、酵素パワーもすべて上✨

ぬか床が酸っぱくなったら?

フードライフクリエイーターの唐木るみこです。ここ数日風の強い日が続いていますが、春らしい陽気が続くようになりましたね。暖かい陽気が続くようになった今、ぬか床作りには最高の季節なのですが最初はうまくいっていたぬか床も数週間、数か月が経つといろいろなことが起きてきます。ぬか漬けは、「植物性乳酸菌の宝庫」毎日とりたいものの一つですよね~。ぬか床の失敗例ってたくさんあるとい思うのですがその一つが、「酸っぱくなる」そして「なんとなくまずい」です。私のところにも「酸っぱくなっちゃったのですが、どうしたらいいでしょうか?」「水分が出たらどうすればいいんでしたっけ?教えてもらったはずなのに忘れちゃいました」酸っぱくなる理由はいくつかあるのですが…①温度が高い②水分が多い③かき混ぜ方が足りない④塩分濃度が低い・・・が考えられます。ちょっとほっとくとなりがちですよね💦私もずいぶんしました!我が家のぬか床は今年で16年目になるのですが、いろいろやらかしました。もともと、ズボラなので、楽に管理する方法を見つけるまではなかなか大変でしたが出張の多い方、管理の面倒な方、ズボラな方にもわりと簡単な管理方法ありますのでご安心ください!!混ぜすぎてもダメ、ほっとき過ぎてもダメ。ちょっと子育てにも似てますね😊市販のぬか漬けは結構いっぱい食品添加物が入っていて乳酸菌のご利益のないようなものもあります。せっかくなので自家製ぬか床を作ってみませんか?漬ける時間の調整も出来ますし、かわったものを漬けたり・・・また野菜を無駄にすることなく食べられて一石二鳥どころか、、六鳥くらいになりますよ✨これもみんなぬか漬け💗他におすすめはゆで卵、たけのこ、パプリカ、お豆腐などなど

新学期がはじまりました!

フードライフクリエーターの唐木るみこです。4月に入り、社会人になった方、進学された方、また進級とそれぞれ新しい生活がはじまりましたでしょうか。我が家は、長女中3、長男小6と最高学年になり、次男が幼稚園に入園しました✨私は、、仕事は一緒ではありますが今まで0歳から9時から17時まで保育園で育ててもらいましたがなんと今日は11時お迎え。明日からしばらく11時半お迎え。仕事の体制を変えながらなんとか乗り切ろうと思っております。うーーーって思うこともありますが一生のうちに手をつないで幼稚園に通う時間は本当に貴重な時間だと…💗本人も離れることに慣れているとはいえ、通う場所が変わり、保育園から幼稚園へ!お兄さんになった自覚はあるようでとにかく今まで以上に一人でなんでもしたがります。待てるのも3人目ならではかも。「今日ね、ママーって泣いてる子もいたよ。大丈夫って聞いてあげたよ」帰宅後は、「お昼作るの手伝うよ~。」というので一緒にお味噌汁と炒めものをしました。しばらくすると「にいにのお弁当は(塾弁)は〇〇くんが作るよ。」というので3色弁当を作ってもらいました。(3歳でも意外とできます!!)私は味付けだけ担当。(口は出してきましたけど・・・)「ちょっと甘酒入れた方がいいんじゃない?」「お、いいにおいー」いっちょ前の発言です。忙しいママ、下の子がいて大変!など思うとは思いますが!小さいうちにちょっと時間をかけて一緒にお料理でもお掃除でもすることで、小学校に上がるころにはわりと何でも作れるようになりますよ。そして、小さいうちほど「できる!」ことがうれしくて「頼られる」ことも嬉しくて一生懸命お手伝いをしてくれます。これが生きる力につながっていくのだと思いますよ。ちょっと大変と思っても早い時期に自立してくれるのであとはとっても楽ができ自分の時間や子どもとのおしゃべりを楽しめるようになるはず。もう一つ失敗しても叱らない。せっかく頑張って怒られると自信喪失につながることも。「げっ!」って思ったら「大丈夫✨」に変換を。そうして育てた長女、長男に聞くと1か月くらいママいなくても大丈夫だそうです。寂しいような気がしますが仕事をしている私としてはとってもありがたい。春休み中に子どもたちと作ったものを少しご紹介。ザワークラウト、植物性の乳酸菌がたっぷり。胃腸にもとてもありがたーい存在なのでお肉の付け合わせにもするのですね。常温で1週間くらいで出来上がり、冷蔵庫で1か月は持ちます。